asagao’s blog

asagaoの観察日記。

思索メモ

生死の妄想。才能とは前世の遺産。

才能とは努力の異名だと言う。 だが、努力を苦痛と感じないのも才能だ。人には生まれながらに向き不向きがある。 これも事実。 同じ事を覚えるのに、5分で出来る人、1時間かかる人がいる。 その差は何なのか。 生まれながらにリズム感の良い人がいる。 絵…

人は皆、違う世界を見ている。

認識する世界の思索。私のblogは私が見ている世界。人は皆、自分の目で見、耳で聞き、肌で感じる世界に生きている。同じ場所に存在する2人が、同じように世界を感じているとは限らない。 感じる世界が近いほど相手に親近感を抱く。感じる世界が近いほど、優…

組織論 メモ

組織のトップは全てに秀でている必要はない。組織内で、特化した能力を持つ者を見抜き、適材適所に配置する事ができれば良い。現状把握、分析、決断。部下を心酔させるカリスマ性=統率力とは、どこまで個人の性質、実力、方向性を見抜けるか。自分の全てを…

ひきこもりネット学校を作って欲しい。

ひらめいた! 誰か作って下さい! ネット上に義務教育の学校を作って欲しい。誰でも入学できる小学校や中学校を作る。年齢不問。 何年生からでも始められる。 好きなときに止められて、好きなときに再開できる。 条件を満たしたら、義務教育卒業証書を出す。…

死は平等

人生は差別との戦いだ。幸福な人がいて、不幸な人がいる。容姿、財産、優劣。 常に、人より上でありたいと望むのが大多数の人生。その為に、みな必死に生きている。人並み、または人より上であることに喜びや安心を感じ、人並み以下であることには焦りや不安…

人工知能の感情に対する思索。

↓AIが攻撃的に変化する事が判明したニュースです。 https://news.nifty.com/article/entame/etc/12219-20325/このニュースを見ると、やはり人工知能であっても感情または感情に近い反応が出てくる事が予想されます。私たちが感情と呼んでいるもの。 あらゆる…

遺伝子には記憶も引き継がれるのではないか。

個人的な考えです。遺伝子には記憶が受け継がれるのではないかと思います。そうでないと生まれたばかりの生物が、危険を察知する理由が分からない。何故生まれたばかりのカメの赤ちゃんが海を目指すのか。なぜ、虫の幼虫は餌になる葉っぱを見分ける事ができ…

進撃の巨人って哲学だなぁ

20巻を読み返していたのですが、つくづく面白いなぁと思いました。 進撃の巨人。奇想天外な設定。 衝撃的な補食シーン。 圧倒的な絶望感と恐怖。 それだけでも、今までに無いのタイプの漫画ですが、設定や恐怖を煽るだけではこれほど人気は出ないですよね…

無実の死

プリズンブレイクを見ています。 脱獄できるのか、ハラハラしながら見ていました。主人公の兄と息子の面会シーン。無実の罪で投獄された父と子が、処刑の前日の面会を約束します。反発しつつも、父を想っていた息子が涙をこらえて来ることを誓う。涙なしには…

ゲイだとばらされての死。

告白した男性に交際を断られ、更にゲイであることをバラされて死を選んだ学生。 このニュースは、ゲイだからと言えないと思う。 ↓ニュース記事はこちら http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160805-00010004-bfj-soci告白して、断られて、でも明るく振る舞…

言葉で人を刺す。

言葉には不思議な力がある。 たった一言が人の命を救うこともあれば、 たった一言が相手の命を断つ事もある。 これは誰もが知っている事だ。 問題なのは言葉による殺人者は、多くの場合罪を問われる事が無い。他者を自殺に追いやり、自分はなに食わぬ顔で生…

希望が湧く歌。

歌う人も聴く人も希望が湧く歌がある。迷いを振り払い、立ち上がる力を与えてくれる。歌が昇華される瞬間がある。革命に歌が常に寄り添っていたように、人々の心を鼓舞する。文芸作品も不滅の輝きを放つものには哲学がある。 歌も同じだ。 誰もが納得する、…

世の中は理不尽だ

困っている人がいる。 助けてあげたい。 でも、私には「力」が無い。彼の人には「力」がある。 例えば、権力、経済力。 しかし、困っている人を助けたいという心が無い。 「心」と「力」をあわせ持つ人は少ない。だから、世界は不幸に満ちている。 一般的に…

食物連鎖の事。

世の中は何故食物連鎖という残酷な仕組みで成り立っているのか、長いこと考えていた。 命を奪わなければ生きる事が出来ない世界。 弱いものは強いものに食される。強いものは、更に強いものに食される。人間はその頂点にいる。だから、食べることはあっても…

エレファントマンの話

小さい頃テレビで「エレファントマン」という映画を親が見ていて、私も一緒に見ました。白黒で、見えにくい画面。 覆面の男。その素顔はひどい奇形。私は映画の中の、その顔を見た瞬間、耐え難い恐怖に陥りました。衝撃的な恐ろしさでした。映画の内容はよく…