asagao’s blog

asagaoの観察日記。

夢や希望を与えるため

ホームレスの姿を変えることで、希望を持たせようというという試み。

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/pe2da3b9aadef97770867eae4d74db481

ボサボサの髪、延び放題のひげ、よれよれの服。
寂しそうな、むなしさを秘めた瞳。

画面に力なく映る1人のホームレス。

体格のいい女性が、手際よく髪を切り整えていく。

髪を染め終わり、服を着替える。

よれよれの服を脱ぎ、白いワイシャツを着る。
タイを締める頃に、ホームレスに変化が現れた。
心なしか、目に光が宿ったようにみえる。

上着を着る。



そして、彼の前に鏡が置かれ、彼の目に生まれ変わった自分の姿がうつった。

どこに出ても恥ずかしくない、スーツ姿の男性が、そこに立っていた。

彼は絶句し、そして涙した。


彼が人間としての尊厳を取り戻した瞬間だ。

胸を打たれる。




その場かぎりの支援で人は救えない。
物やお金だけの支援では、人は立ち直れない。

もちろん、お金や物は必要だろう、ただそれを手にして自らの足で歩き始めるためには、心に力が必要だ。


心を支える力が。



その力は、希望と呼ばれたり、

夢と呼ばれたり、

誰かとの約束だったりする。

私はこの動画を見て、そんな風に思った。


この企画を考えた人は、無気力なホームレスに必要な物は希望だと見抜いたのだと思う。

きっと、もどかしかったのだろう。支援しても立ち上がろうとしないホームレスは多い。


だから、彼自身に気づいて欲しかったんだと思う。


君には価値がある!ということを。


その為に、スーツ姿の自分自身を見せたのだと思う。

そして、それは成功した。


だから、胸が熱くなる。



君には価値がある!


それが、最高の希望になる。
そして、それが、歩き出す力となる。