asagao’s blog

asagaoの観察日記。

モンテ・クリスト伯 読書メモ

やっぱり、読み始めると止まらない。
モンテ・クリスト伯」1巻

既に読了していますので、もう1巻から、その伏線が分かって倍楽しいです。

ダングラール、カドルッス、フェルナンの描写。

メルセデスの性格、身振り、

セリフの端々に未来を予見する言葉。

モンテ・クリスト伯〈1〉 (岩波文庫)

モンテ・クリスト伯〈1〉 (岩波文庫)


まだ60頁ほどですが、仕事の後眠る前に読むこの時間が堪らなく楽しみになってしまいました。


今日の一番の山場は、レゼルヴ亭の陰謀。


ここで、3人の運命が定まった訳です。

ダングラールは嫉妬により陰謀をめぐらし、そそのかす。
フェルナンは失恋の苦しみの余り、その陰謀に乗り実行する。
カドルッスはダンテスを憎んではいないが、その悪事を知りつつ傍観する。


悪事を計画したもの。
悪事を実行したもの。
悪事を傍観したもの。

この中で、もっとも過酷な復讐を受けるのは誰か。
悲惨な報いを受けるのは誰なのか。


これは、デュマの示唆に富んだ設定ではないでしょうか。

嫉妬する者は、相手が存在することが耐えられないという、エゴによって行動する。
そして、人を踏みつけ、踏み台として自分の願いを叶え、栄光へと手を伸ばす。

そして、その結末は…。

これから、真面目で正義感に溢れた親孝行なダンテスに与えられるものは、それにふさわしい代価ではなく、汚名と罪状、牢獄という屈辱です。

そう、正直で真面目なだけでは生きて行けない。
この世界は醜く、嘘や偽りが溢れている。
それを見抜く目が、強さが必要なのだ!

悪事を働くものに対抗するには、知恵と力が無ければならない。

そんなメッセージを私はこの物語から感じるのです。

文学は、読む人の人生の数だけ感想がある。
読む人が、その本に価値を見いだす読み方を出来るなら、どのような解釈をしてもいいと私は思います。

本は、人が前に進む力を与えるもの。

人生の険しい道を進む気力を沸き立たせるものは、そういう解釈が可能な本は、良書であると思っています。

今後も、こんな感じで、ネタバレも含みつつ綴っていきたいと思います。