asagao’s blog

日記と雑記、読書メモは個人的感想でネタバレ含みます。

遺伝子には記憶も引き継がれるのではないか。

ヒト遺伝子

個人的な考えです。

遺伝子には記憶が受け継がれるのではないかと思います。

そうでないと生まれたばかりの生物が、危険を察知する理由が分からない。

何故生まれたばかりのカメの赤ちゃんが海を目指すのか。

なぜ、虫の幼虫は餌になる葉っぱを見分ける事ができるのか。

何故、あらゆる生物は敵から身を隠す術を知っていているのか。

何故、闇を恐れるのか。

考えれば考える程、記憶が受け継がれているとしか思えない。

明確な映像としての記憶ではなく。

例えば、恐怖。

例えば、喜び。

例えば、痛み。


ここは危険だ、これは安心だ、これは好きだ。

そういった記憶が細胞に受け継がれている。

だから、用心深い個体や危険を逃れた個体の子孫は、生き残る可能性が高くなる。

この仮説によれば、心臓移植をした人に、心臓を提供した人の好みが受け継がれる事例の説明もつく。

私たちは脳だけでなく細胞、むしろ遺伝子レベルで全身で人生を記憶している。

そのように、私は思います。