asagao’s blog

asagaoの観察日記。

「ぱくたそ」に初めての寄付をした話。

当ブログが、いつも大変お世話になっている「ぱくたそ」に寄付をさせて頂きました!

このブログの画像の9割は、無料写真素材サイトの「ぱくたそ」から頂いています。

会員登録不要、利用報告も無し、ルールさえ守っていれば、何枚でもダウンロードOKのブロガーに超優しいサイトです。

いつも、ありがたいなぁと思って利用していたのですが、本日寄付を募っていることに気がつきました。(遅すぎ!?)

www.pakutaso.com

考えてみれば、これだけ大量の素材があるのに無料というのが不思議なくらいです。

かといって、私のブログの収益ではまだまだ1000円も寄付できません。

でも、このアマゾンのシステムだとなんと15円から寄付出来ます!!スゴイ!

じゃあ、15円寄付しよう!と思ったんですが、今までお世話になっていて15円はちょっと少ないでしょ。

「よし! 150円寄付しよう!」と思いました。


でも、登録をしはじめて、また考えました。

「え、待って。でも、実際の寄付の金額の目安っていくらなんだろ…。」と、不安になりました。
ググってもそんなの出てこないし。

えーい!寄付は善意!15円だっていいはず!!

…でも、だからって本当にいいのかな。150円で。

ぱくたその管理人さんが見て「えっ!? 」ってならないかな、と。

でも、こんなに沢山の無料配布をしている方が、そんなこと思うわけないと気づきました。(反省)

いま、ぱくたそを利用している人で寄付してもいいと思う人が、例えば全員15円寄付をしたら、運営は格段に楽になると思います。
更に、もっといいサービスを提供できるようになったら、結果としてみんながWIN、WIN、WIN、WINになるような気がします。

インターネット上には無料が溢れていますけど、それは誰かが自分の人生の時間を費やして作り上げた大切な財産であったり、作品であったり、思いを打ち込んだ文章やメッセージだったりします。

それに対して、「ああいいな。素晴らしいな。」と思ったら、その人の感覚でいいので、貰った価値の対価を払う、等価交換の意識というものがあってもいいと思います。

私たちは、無料に慣れすぎてしまったのではないでしょうか。

これからは、あらゆる人が物や知識、データの交換をする時代になります。

そこに新しい倫理観というか、優しい人間らしいルールやマナーが発生していったらいいなと思いました。

作家を読者が直接サポートするシステムも、まるでネットがなかった時代のパトロンみたいで面白いですよね。

考えてみたら、ブログにも直接サポートする機能があってもいいのかもしれません。
その価値のあるブログも沢山みかけます。
それらが当然になる時代がすぐそこまで来ていると思います。noteアプリなどは、その最先端ですね。

私は今回、「150円」の寄付をさせていただきました。
これは、これまでのささやかな感謝の気持ちです。
これからは、自分できちんとした基準を決めて寄付をしようと思いました。

続報です!
管理人のすしぱく様から、返信いただきました!
びっくりしました!ありがとうございます!

今度はもっと沢山、出来ないときは出来るだけ。無理のないペースで続けたいと思います。