asagao’s blog

asagaoの観察日記。

ひきこもりネット学校を作って欲しい。

ひらめいた!
誰か作って下さい!
f:id:kazbot:20170718170528j:plain

ネット上に義務教育の学校を作って欲しい。

誰でも入学できる小学校や中学校を作る。

年齢不問。
何年生からでも始められる。
好きなときに止められて、好きなときに再開できる。
条件を満たしたら、義務教育卒業証書を出す。

更に、ネット上の高校へ進学できる。
高校の卒業証書を得られる。
更には、ネット上の大学や、現実の大学への進学も出来る。

入学条件は、
「他人をいじめない事。」
「悪口を言わない事。」
「他人に迷惑をかけない事。」
「嘘を言わない、人を騙さない。」

みんなで楽しく学ぶ事を守る。

ハンドルネームでも良い。

誰もが学友として「対等」である事を守る。

人間として優れた教師がいる。

生徒に対して愛情をもって見守り、愛情を持って叱れる教師の存在。



人との関わりを恐れなくても良い環境で学べる場所の提供が目的。



人と関わる事が嫌なら、学ぶだけのチャンネルでひたすら学ぶ。

人と話したいなら、同じ学科のチャットのチャンネルや、読んだ本について話せる図書館のチャンネルなどがある。


とにかく自由。


学びたい教科だけ学んでも良い。

大学へ進みたいから、スピード学習で課題をクリアするのも有り。

そんな、夢のような自由な学校。

これだけ、ネットが普及したのだからあってもおかしくない。

そういうネット学校への入学支援などが、国の支援としてあったら良い。


引きこもりは、日本の財産だと思う。

優れた才能を2ちゃんねるなどに埋もれさせていてはいけない。

その人にしか出来ない「何か」がある。

その今、引きこもっている才能を社会に役立てる為に、「はしご」を掛ける必要がある。

ネットは最もソフトに彼ら、彼女たちに「はしご」を掛ける役割を持っている。

引きこもったままでも出来る仕事も増えてきた。

家から出たくないなら、出なくてもいい。

家で働けばいい。

これは、本人たちも望んでいるはず。

外に出たくなったら、出ればいい。

嫌なことを無理にしなくてもいい。
出来ることをやればいい。

出来ることを増やせばいい。

今のままではなく、1ミリでもいいから変われる努力、出来ることを始める気持ちを持つだけでもいい。

それだけでも、「違う」。

昨日と同じではなく、昨日と違う今日を迎えて欲しい。

「今日は5分早く起きた。」

それでもいいと思う。



とにかく、解決策はあるのだから、力を持っている国や企業に動いて欲しい。

引きこもりはダイヤモンドだと思う。

(引きこもりに限らず、ワーキングプア、高卒で働いている人、ホームレス、リストラされた人、シングルマザーなど、苦境にあって自力では身動きできない立場の人の自由度を上げる施策=国の発展に繋がると思う。)

日本の財産をこのまま埋もれさせてはいけない。

今日はそう思った。