asagao’s blog

asagaoの観察日記。

立ち仕事の女性は要注意!足の血管が見える?

以前から気になっていた、足の血管が見える症状。

今回無事回復に至りましたので、その顛末を書きます。

当初の私の知識。

立ち仕事の人に多い。
美容師さんに多い。
酷くなると足の表面が血管でこぼこする。

この程度でした。
それなので、
「立ち仕事だから、アレになっちゃったのかな?しかたないか。」と思っていました。

しかし、ストッキングを履いても目立つ様になり、少し不安になってきました。



そこで、これって病名は何だろう?と調べて見たら驚愕の事実が!


驚愕です!!




重大な病気になる可能性があることが分かりました。

chienoizumi.com

まず下肢静脈瘤、続いて肺動脈塞栓症、静脈下肢表在静脈炎(痛みが出る)などを招く危険性があるそうです。(そういえば、左足が痛い日がありました。)

血栓が出来たりしたら、それが全身を流れて詰まったところで大事故ですよね!?
脳血栓とか、肺血栓とか。



じょ、じょ、静脈瘤!?

コワッ。



なんとかしなければ!!




私の足は、ストッキングを履いても細く赤い血管と、紫の少し太めの血管が見える状態。
膝下ふくらはぎ側、横から良く見える位置です。
何故か、きき足(いつも先に踏み出す方)の右より、左が目立つ。

結構酷い状態でした。(病院に行くレベル直前。)

幸い、でこぼこはしていませんでした。


で、1日中立っている仕事だし、どうやって予防すればいいの!?


仕事やめられないし。


対策。
弾性ストッキング。


しかし!
私は圧力のあるストッキングが苦手なので断念。




で、自分なりに対策を考えました。

足に負担がかかるから血流か悪くなり、上に戻れなくなっている。
負担がなくなり、血流が戻れば回復するはず。


私の対策はこちら。

1。
ヒールの高さを出来るだけ低くする。(会社の規定範囲で)

以前は6~7センチヒールでしたが、2~3センチに変えました。


2。
仕事中背伸びをする。
爪先立ち、戻す。爪先立ち、戻す。
回りの人に変に思われないように棚の影とか。笑

3。
午後など足が辛くなるまえに、ちょっとしゃがんで休む、トイレで少し長めに座る。(1分とか30秒とか)。

ある意味体調不良なので、このくらいは許されるかなと思うのですが、どうでしょう??



あと、私はいつも忘れてしまったのですが、休憩時間に靴を脱いで足を高くするのもいいみたいです。
横に椅子を並べたりして。


筋肉が動いて血液を上に戻す。
これが大切みたいです。



すっかり上記の1と2が習慣化して、3をしなくても疲れなくなったな、と思い足を見てみたら!!!



な、な、な、なおってるーーーー!!!!


う、嬉しい!!


治りました。


血管が見えません!!


酷かった左足。

もう一生血管が見えるままだと思っていた足が、両方治りました。(涙)

元通りです!

これは、皆さんにお伝えしなければ。(使命感!)

立ち仕事の女性に多い症状です。

爪先立ち運動だけでも今日からすぐ始められます。

是非やってみて下さい。

※見える血管の太さが4ミリ以上の方は、無理せずすぐ病院へ!治療は簡単です。上記サイトご覧下さい。注射で治るみたいです。