asagao’s blog

asagaoの観察日記。

ヒカルの親族に嫌がらせする方が犯罪じゃないだろうか。

本人への批判ならまだ分かる。
親族への嫌がらせは全く理解できない。



普段ヒカルの成功に嫉妬していても何も出来ない輩が、炎上のタイミングに力を得て嫌がらせをする。

valueを買ってもいないだろうに、何の関係もない親族や子供を標的にするなんて卑怯だ。

メロンを枯らした人間もそうだけど、人に見つからないように、コソコソと影から人を攻撃する。

私は、大嫌いだ。


誰かに不満があるなら、正々堂々と面と向かって批判するべきだ。

相手の主張、反論を聞き、正論で論破する。


そこでの勝者が、正しい。


でも、卑怯な人間はいつでも、いつの時代でも、姿を見せない。


そして、批判された人間は、その正邪を検証されることすらなく、批判されてるから悪いと皆に思われていく。

ここに、情報化社会の怖さもある。


簡単に大多数の人間を操作できる。
だから、情報の真偽を自分で調べ判断する必要がある。
流れてきた情報を、全て鵜呑みにするのは危険だ。



今回のヒカルのvalue問題は、当初の動画の企画で利益が目的では無かったことが運営に理解され、売買がキャンセルされた。

買った人は買い戻して貰える。

ヒカル。詐欺では無かった。




しかし、情報だけが一人歩きしている。
「ヒカルは詐欺師」と問題の確定前に確定したように、情報を流されてしまった。

それらの記事は、その後の動きに対して続報をつけるべきだ。


そうでなければ、不特定多数に個人の評価を著しく下げる情報を流した、名誉毀損罪になるのではないか。


Twitterで個人的に批判している人、いたずら電話など。
ヒカルが本気で怒ったら弁護士軍団採用、片っ端から裁判とかあるかもしれない。


ヒカルは自分の事なら何もしないでしょう。


でも、親族や子供を守る為なら本気になる。


私は、そう思います。


だから、親族や子供を苦しめるようなことをする人は、もうやめた方がいいと思います。

このヒカルの注意Twitterは、そういう意味があると思います。