asagao’s blog

asagaoの観察日記。

ヒカルを敢えてネガティブに観察してみる。(妄想)

ヒカルをポジティブに、理想的なカリスマとして観察してきた結果。今回の炎上騒動は詐欺ではなかった。


今度はちょっと角度を変えて見てみる。


本当にヒカルを信じていいのか?


ここからは、あえてネガティブ観察。

これは、私のお遊びです。

私の脳内での可能性の思索、「個人的妄想」の域を出ていません。


↓ここから独り言の妄想です。

 

人間、間違い無いと思っても、やっぱり最悪の事態の予想も出来ないと、いざという時に対応出来ない。

今回のvalue問題、value利用者は騙されたと騒ぐ前に、騙されない用心や、あらゆるケースの可能性の思索をしたのだろうかと少し疑問があった。ファンというより、儲かると信じて買った人も多かったようだ。

 

人生は選択の連続。

 

進撃の巨人じゃないけど、後悔のない選択をするには、状況分析と真偽を見極める目が必要だと思う。

考え抜いて出た結論で選択をしたなら、その結果に責任を持って対処しなければならない。

だから、バカみたいに口を開けて、流し込まれる情報を鵜呑みにしていたらダメなんだと思う。

 

「こんな人がいたらいいな。」
そんな理想をヒカルに重ね合わせて、良い方へ解釈しようとする傾向が自分にはある。

そういったプラス解釈の要素をすべて剥ぎ取り、ヒカルとは何者なのかを突き詰める考察も必要だろう。

過去を含めて検討すると、やはり一癖ありそうな気もする。自己中心的思考が無いとも言えない。

意欲も好奇心も人一倍。
自信とリーダーシップ、企画力もあるから、ついていけない事務所の人間もいるんじゃないだろうか。

100%信用する事が出来るかというと少々疑問。
だから、少し離れて観察するのがいいだろう。

身振り手振り言葉の端々に現れる、ちょっと引っかかる懸念。
これは、動画的な演出とも取れるけど。どうだろうか。

彼も人の子。
欠点が無い訳がない。
それがファンにとって親近感を持たせる魅力にもなっているけど。

欠点は若さ故か。
性格的なものか。
育った環境か。

ネットがなければ兵庫の一青年。
そう思えば、今の実績は中々の才能。
荒削り。破天荒。
かしこまった所の無い、今までいなかったタイプの有名人ではある。

目的は社会を変える事か。
自分の経歴から変化を求めた。

そこに嘘は無いはず。

しかし、有名になるほど闇の人物からのお誘いも増えるだろうし。(valueもそれか)
例え今、心が希望や理想に燃えていたとしても、一瞬で闇色に変わる場合もある。

財力、権力は人を変える。
生徒会長なんていう小さな権力でさえ、人格を変えてしまうこともある。
それが、チャンネル登録200万を越えYouTuberという地位。
人は権力の魅力にとりつかれると、自分を見失うらしいからなぁ。

「社会を変革したい。」これは良い理想だと思う。
それだけだろうか。

ほかに目的は?
これから何をするのか考えたいのかもしれないが。


必ずしも「プレゼントを配布するから良い人。」ではない。

これはヒカルに限らず言える事だ。

裏を返せば「見返りを求めた投資」という場合もある。

度々見る、ドッキリで本音を語らせる動画。
これも、好感度上げや印象操作とも考えられる。

ひねくれた観察をすればだけど。。。

 

ヒカルの今一番の目的はYouTubeトップ。

その為には何でもやる。。。と仮定する。

女性ファンを獲得するため、彼女の存在を消した。
別れたのか隠したのかは不明。彼女は少々不満な様子。彼女からはバラしたいという意思のようなものを感じる。私はそう感じる。

トップを取ったら結婚するかもしれないし、それまでにヒカルの気持ちを理解できず、迷惑をかけるなら破局するかもしれない。

仕事と私どっちが大切なの!って始まるかな。

大切なのは仕事。

仕事が無いと、彼女も家族も守れないんだから。

彼女や家族を守るために、必死に働くんだ。
世の中のまともな男はそうだと思う。

仕事より君が大事なんだ、なんて言ったらどうだろう。

無職になって、「君のために仕事辞めたよ!」なんて言ったら引くでしょ。


ヒカルのような地位、名声、財産の全てをかけた大勝負で女を優先して仕事がおろそかになる男はいない。

 

まあ、そんなことどうでもいいけど。

 

26才か。

 

ヒカルには、法律のスペシャリストのサポートが絶対必要だ。それこそ事務所に常時待機で。(もういるみたいだけど)


それから交流のある人々。最近特に増えた。

この関わる人々によってヒカルの進路にブレが出ることも考えられる。

 

イイ人ばかりが近づいて来る訳が無いから。

利用価値をみて近づく人。

頃合いを見計らって裏切る人。

知らない間に財産を持ち逃げする人。

こういう、お金持ちによくある被害に合わないといいけど。

誰がどのタイミングで裏切るか。

心で裏切っている事を知りながら、交流する事もありそうだ。

 

ビジネスなんて利用価値の繋がり。

傷つき利用価値がなくなった相手に付き合ってくれるビジネスパートナーはいない。

一つ打つ手を間違えれば、はい、さようなら。

ビジネスの世界はサバンナに負けないくらい弱肉強食だ。

ヒカルは案件で企業に利用されてるんじゃなくて、「利用される価値」を作り上げる目的でYouTubeのチャンネルを立ち上げている。

利用価値に支払われるのが報酬。

会社員、パートやアルバイトだってそうだ。

人の価値に契約と報酬が約束される。

ビジネスってそういう血も涙もない契約のこと。

 

だから、義理人情を感じさせるビジネスの話題が「ニュース」になる。

世の中は冷たいよね。

 

ヒカルはある意味人を駒として見ている。
慎重に将棋を打つように。
事務所の人員を見ていると、人の使い方が上手いなと思う。

自分の人生をかけて。

 

ぐるぐると思索をめぐらしても、ヒカルの今後についての興味は尽きない。

 

ネガティブに捉えてみても、さして危険はなさそうだ。

ヒカルが毎回上げる動画を見て笑って。

その広告収入や案件でヒカルが稼ぐ。
それだけの事だ。

 

まとめ。

カードの袋を破いて笑っているヒカル。

店長に、動画を撮っていない時に、丁寧に挨拶をするヒカル。

自分と同じ境遇の高校生にチャンスを与えたいと言い、実行したヒカル。

私は単純に、この3つでヒカルを信じたいと思った。

なかなか出来ないよ、こういうこと。
スゴいよね。

 

なんだ、結局ヒカル擁護派だ。私。