asagao’s blog

asagaoの観察日記。

トレーラーで持ってきて置くだけで住める家が安くなった。

災害も多いし、畑にソーラーパネルでも置こうかと思って探していると、豆みたいな家を見つけました。
↓こちら。

 

emira-t.jp

これぞ究極のエコハウス。

シャワートイレキッチン付きで拡張ベッド。

二人は住めますね。

雨水をろ過して水をゲット!
太陽光と風力で電力ゲット!

何がいいって、トレーラーで持ってきてポンと置くだけ。

しかし、1000万円と「ちょっとお高いわねぇ」と思ったいたら、日本では850万円とのこと。

「あら!お得!」と思いました。


まあ、桁が万なので手が出ません。見るだけ。



もう10年もしたら、もう少し安くなるのかな。

独り暮らしなら、このくらいで十分。

年金生活になったら、電気代が掛からないのは魅力ですね。

雨水はフィルターも高そうだし、非常時あると便利くらいで。

家を建てるより安いなぁ。

掃除も楽だし。収納もあるし。

老後の家候補です。

ドームハウスもいいし。
250万円の家も魅力。

予算と相談です。

ちょっとの貯金で住める家は、これから売れると思うのに、住宅業界はそこに取り組まないのですかね?

これからは、独り暮らしが激増ですから、この豆みたいな家をきれいに並べて下水を接続した集合地を販売したら売れると思います。

スーパードラッグストアーなどへはアーケードで繋ぎ、自転車や徒歩で行けるようにすれば、究極のエコシティの完成。

見守りポット設置で、行政が急病や孤独死を防ぐため見守る。

税金を最小限に有効利用して、安全に住める。

いいなぁ。



それから、

今の家は、ローンが払い終わる頃に老朽化で住めなくなるという本を以前読んで、怖いなぁと思いました。

だって、一生に一度の買い物だと思って買いますよね。

それが、払い終わる頃に住めなくなるって酷いと思うんですね。

住宅業界の裏事情らしいのです。材料の耐久性がそのくらい。

実際老朽化したら、そのユニットだけ交換できますよって言われて買ったのに、交換してって言ったら古すぎて規格が合わないからダメって言われたりするらしいです。

これは、アネハ問題の時に建築基準が変わったせいだと言うんですが、そういうイレギュラーな問題も起きたりする。

家って単価が大きいから、後からダメって酷いですよね。