asagao’s blog

asagaoの観察日記。

ヒカルは復帰する。

ヒカルVALU問題の「被害者はいない」。


この簡潔な説明で、ヒカルがいつまでも休止している必要は無い事は明白だと思います。



素人の私でも今回の騒動は腑に落ちない点が多々ありました。
それが、専門家から見ても「間違った報道がされている」という見解であることを知り納得しました。

↓こちらのサイトです。

 

youtuberch.com

問題なのは、まずVALUのシステム。
利益を出すための取引では無く、リターンのない投げ銭的なサービスであること。


しかし、売買が出来てしまう為、株式と混同されがちで儲かると錯覚する人が出てくる。

売買は出来るが、投げ銭であるためネームバリューのある人しか儲からない。
この破綻しているシステム。

一般人は、損をすることの方が多い。
これはVALU側も言っている。
それを理解せずに大量に買った人が、今回「自分は被害者だ」と言っている。


ヒカルはファンが買うと想定。
集まったお金はファンの為に使いたいと思っていました。つまり、自分の為にお金を集めたのでは無い。

みんなで、もっと楽しいことをしようと思っていました。

しかし、そこに「儲かる」と思って沢山買う人が出て来てしまった。

買った後に実際は投げ銭と知り、儲からないと気付き、値段が下がって被害者だと騒ぐ。

値段を引き上げる告知を出したという点は、日付から無関係であることが証明されている。更にVALUが削除しなかったことに問題があったので、ヒカルに罪は無い。

売買できるということは、値段の上下があることは当然です。

安くなったとしても売らなければ損にはならない。
高くなるまで待つこともできる。

でも、ファンじゃないからすぐ売りたい。
すぐ儲けたい人が、あたかもヒカルに騙されたように発言。
株で大損をした人が、買った会社に騙されたと騒ぐような事をしている。

自分で選び、自分で買って、損をしたら被害者だと言うのはおかしな話です。

ヒカルは、買って下さいとお願いしたわけでもなく、値段を吊り上げる告知を出してもいない。

売り抜けもしていない。(たったの10%売っただけ)
持っている人はまだ売れる。(取引は継続されている)
「買取りしてもらっていない」と批判する人は、「売ろうとしていない」だけ。
ヒカルは勝手に回収出来ない。



「被害者はいない」
あくまで、自己責任。


被害者がいないなら、ヒカルに何の罪があるのか。


どうして休止していなければならないのか。


10月から復帰してもいいと思う。

そして、むらいさんのホワイトボードで説明してもらったらいいと思う。